マンション投資をする|条件に見合った物件を探す

購入スタイルを選択

インテリア

リスクを考慮すれば1戸

マンション投資で家賃収入を得る場合、マンションやアパートを1棟手に入れる方法と1戸を購入する方法があります。かつては1棟を経営することが多かったのですが、最近の主流は1戸買いです。1棟買いよりも資金が少なく済むことからサラリーマンでも簡単に投資を行う事ができるようになったのです。また、1棟買いはすべての部屋が満室になるような大盛況の際には大きな利益を出すことができます。1棟買いのメリットはそこにあります。逆に、今の時代すべての部屋が順当に埋まることは、よほど魅力のある物件でない限り難しくなっています。そのため、空室を発生させてしまいやすく利益管理が難しいのです。マンション投資の分散投資とも言われる1戸買いが安全なのです。

売却時は1棟がお得

マンション投資を行う際には、新築時にはさほど気にしなくても問題ありませんが、築年数が経過すると考慮することが増加します。例えばリフォームなのです。1戸買いの場合には部屋のリフォームだけの為、さほどの支出にはなりません。しかし、1棟の場合には、共有部分を含めてまた外壁などもリフォーム対象となります。自らこれを整備することは大変なので、マンション投資をする際は、この点のリフォームまで行なってくれるマンション投資会社から買うといいでしょう。また1棟の場合、売却時には土地もついているため高額で売却することが可能であり、買い手もすぐにつくことが多いようのです。マンション投資を行う際には売却時の事まで考えておく必要があるのです。